心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

にらめっこしましょう

よるまちある

街中よなかでもしずかな雰囲気ふんいきがある

とてもひさしぶりでなつかしいかん

空気くうきよるにおいがする

 

交差点こうさてん横断おうだん歩道ほどうわた

意味いみもなく若者わかものたちが点在てんざいしている

スケボーをかかえてそれらしいファッションをした少年しょうねんたちが

してわるそうなやからにはえない

俺自身おれじしん警戒心けいかいしんよりは何故なぜ親近感しんきんかんおぼえる

おれよりも何歳なんさい年下とししただろうかとかんがえてみる

 

その距離きょりいたあいだみちあるいて

みんなおなじようなものかもしれないともおも

さみしさの裏返うらがえしということだろうか

さっきみんなとはわかれた

そのいているのかもしれない

わったものにドギマギする

一番いちばんわったのはおれわっていないことがわっていく時間じかんなか孤立こりつしていく

 

写真しゃしんったりしたけど笑顔えがお不自然ふしぜんなのはかっている

どうせもうることはないとおもって適当てきとうながした

 

かえみちいている

コンビニの看板かんばんのネオンが派手はでひか

途中とちゅうにある古本屋ふるほんやろうとおもったけどもう閉店へいてんしていた

ポケットから携帯けいたいして時計とけい確認かくにんするとまだ二十時にじゅうじぎだった

閉店へいてんするにはまだはやすぎるんじゃないか

 

すこ未練みれんがあったけどあきらめてもうぐにかえることにした

電車でんしゃるために地下ちかへの階段かいだんくだ

 

ちょうどのタイミングでつことなく電車でんしゃ

電車でんしゃなかせきいていた

それでもおれすわらずにったままそとながめた

ながれていく風景ふうけいかりがすくなくなっていく

 

えきぎるごとに乗客じょうきゃくすくなくなっていく

透明とうめいなドアに反射はんしゃする自分じぶんかおわせる

どんどん乗客じょうきゃくっておれ一人ひとりになったときもそれはわらない

もうわったという安心感あんしんかんがあるしすこ口角こうかくげてわらったようにせたりしておたがあそんでいた

note.mu

戦争を知らない

昼間ひるまのコンビニ

ほっこりしてる

平日へいじつなら尚更なおさらそうかんじる

天気てんきがいい

こんなはピクニックという言葉ことば想像そうぞうする

ポカポカと気持きもちのいい、チュンチュンと小鳥ことりごえがするような空気くうき

サウンドオブミュージックのワンシーンみたいに

その落差らくさのあるかんじが無性むしょうしくなるときがある

 

相変あいかわらず適当てきとうものえらんでそそくさとみせ

くるまってエンジンをかけると同時どうじ音楽おんがくながれる

友達ともだち運転席うんてんせきおれ助手席じょしゅせき

 

さっきまでいていたきょく途中とちゅうからはじまる

れいによってJ-POP

メインストリームの王者おうじゃみたいなロックバンド

むかしからこのバンドの音楽おんがくばかりいている

コンビニでもおなきょくながれていたなといまになって気付きづ

それを友達ともだちはなしてみる

「だからなに?」という冷たい反応はんのうおれかるくキョドる

シンクロニシティ鈍感どんかんぎる

この落差らくさもとめていない

おれニューエイジてきなオカルトは空振からぶ

ピクニックは終了しゅうりょう

 

タバコを一本いっぽん

をつけてふか

タメいきじりにけむり

ながれるけむり行方ゆくえ

ガソリンスタンドのまえ赤信号あかしんごうまる

タバコとは相性あいしょうわるそうだ

 

ガソリンの値段ねだん看板かんばんになる

むかしのガソリンはやすくてよかったというおも

 

戦争せんそうのせいだ

 

中東ちゅうとうあたりの

たぶんそうだとおもうけどそれ以上いじょう知識ちしき

なにかそれらしいことをって友達ともだち納得なっとくさせてみたいけどなにてこない

 

どうせとおむかし出来事できごと

みんなだって本当ほんとうなにもわかっていないんだろう

興味きょうみのあるりでかおをこわばらせているだけでそのあとはやりまくることしかかんがえていないくせに

 

だからなに?

 

おれもそうしてみよう

そのかおをサイドミラーでチラッと横目よこめ確認かくにんする

なかなかじゃないか

 

信号しんごうあおわる

くるまはしはじめる

ロックバンドのボーカルはみんなでおどれとはげしくうたっている

note.mu

雪の降る砂漠(友達の別視点バージョン)

映画えいがのセットみたいだ

それがありふれた感想かんそう

映画えいがはあまりないほうだけどたぶんそれでってる

ふる町並まちなみを再現さいげんしたような建物たてものならんでいる

そこに実際じっさいみせはいっていて土産物屋みやげものや食堂しょくどうとかが営業えいぎょうしている

店員てんいん普通ふつう格好かっこうでコスプレまではしていない

それにはすこしホッとしてそこまでやられると息苦いきぐるしくなるかもしれない

 

友達ともだちとく興味きょうみもなさそうでそれはおれおなじだ

色々いろいろあるいてみるけれどとくにぎわっているわけでもなくて閑散かんさんとした雰囲気ふんいき

時間じかんすすかたおそいようなかん

スローモーションで緩慢かんまんうご

いつまでもれないシャボンだまているような

あまりにも場違ばちが

 

友達ともだちはタバコをはじめた

自然しぜんとタメいきがでる

おれはタバコをわないのでそうなるともうダルくなる一方いっぽう

タバコを意味いみがわからない、からだわるいしカッコつけているようにえてあたまにくる

ぎゃくにそういうのがいいとおもっているんだろうか

しろけむりにタバコのニオイがいて

このけんについてはおたがまもりたいものがあってあゆることは出来できそうにない

 

友達ともだちわったタバコを灰皿はいざらかどうかわからないたけ出来できまるものけてしている

シャボンだまがパンッとはじける

それが合図あいずになって駐車場ちゅうしゃじょうくるまもど

 

くるまのドアを開閉かいへいするバンバンというおとひび

エンジンをかけるとCDがながはじめて居住いずまいをただ

れいによってJ-POP

ながれてくるヒットきょくふゆゆきるという内容ないよう

それは全然ぜんぜんさむくなくてロマンティックなよるきみといればというかん

友達ともだちはそのJ-POPに不満ふまんそうでタメいきをつく

自分じぶんってきた洋楽ようがくのCDをかけたそうにえるけどおれはそれを無視むししてくるま

洋楽ようがくなんかいてられるか

 

そらくも

あめるわけではないけれど気分きぶんがもたない

たが努力どりょくりない

あかるくなりたいとはおもうけれどしばらくはこのイメージを更新こうしんできそうにない

 

助手席じょしゅせき友達ともだちるとゆびももあたりをさわっている

人差ひとさゆび中指なかゆび二本にほんあし見立みたててトコトコとあるくようなあそびをしている

こことはちが世界せかいえているのかもしれない

それをおれはしっかりとまえ運転うんてんしなければとおもこころのなかではゾッとしている

note.mu

雪の降る砂漠

なんとなくこんなところてみた

くるまはしつづけたらたどりいた場所ばしょ

観光名所かんこうめいしょっぽいけどひとはまばら

むかし風俗ふうぞく再現さいげん

時代劇じだいげきのセットには使つかえそうなかん

そんなつまらない感想かんそうしかおもいつかないのはおれ努力どりょくりないんだろう

 

閑散かんさんとした雰囲気ふんいき

全然ぜんぜん興味きょうみかない

 

ポケットにれて周囲しゅうい見渡みわたしながらさっそくおれはタバコをえる場所ばしょさがしている

タバコがあって本当ほんとうによかったとおも

それらしいよくわからないたけ出来でき灰皿はいざら?をつける

そばにあるベンチもたけ出来できていてよくわからないけどとりあえずたすかったとはおもった

 

一緒いっしょ友達ともだちはタバコをわないのですこしイラついたおれ

あきらかにタバコを毛嫌けぎらいしている

タバコをわないのは素晴すばらしいとはおもうけどわないでいられるのがおれ不思議ふしぎでしょうがない

こんな嗜癖しへきてきなものをどうして回避かいひできるのかとおも

 

結局けっきょくタバコをわないがおれたちを決定的けっていてきへだてているようながする

子供こどもころはこうじゃなかったよな

それがなんだかイマイチなかんじでがれない

決意けつい中途半端ちゅうとはんぱかん

距離きょりひと時期じきなにもかもが中途半端ちゅうとはんぱらない

こっちがわ人間にんげんとあっちがわ人間にんげんがいるとすればいま間違まちがいなくこっちがわ人間にんげん

それが不満ふまんというわけじゃなくてあこがれはまったくないということ

進歩しんぽがない

こんなところなにをしにたんだろうとめた気持きもちになる

 

結局けっきょくたいして興味きょうみてないまま早々そうそうげる

くるまもどって一段落いちだんらくつく

すこまずい空気くうき

タメいきでもつきたい気分きぶん

運転うんてんするのは友達ともだちおれ助手席じょしゅせきすわ

ここまで一言ひとこと言葉ことばわさない

 

シートベルトをめる動作どうさしずかにカサカサとおとてる

エンジンをかけると同時どうじにCDがかかる

れいによってJ-POP

おれ趣味しゅみではない

ながれてくるヒットきょくふゆゆきるという内容ないよう

それは全然ぜんぜんさむくなくてロマンティックなよるきみといればというかん

 

かえみち砂漠さばくえる

工事中こうじちゅうみちおおくてられたつちすなみたいにかんじる

無理むりをすればそうえるということだけどみちよりはさみしい気持きもちになっている

note.mu

酔っぱらいのスタンドバイミー

ヒドイかただった

一人ひとりではあるくことも出来できない状態じょうたい

かたかつがれてられるみたいに

電話でんわがかかってときにはこんなことになっているとはおもわなかった

かるかんじでちょっとむかえにてほしいということだった

かいではいことがかったらしい

収穫しゅうかくはゼロ

おとこしかないのはそういうこと

 

くるまおくっている途中とちゅうにもしんどそうなこえげる

くるま振動しんどう一緒いっしょからだれる

った友達ともだちうしろからかたたたいてもっとゆっくりはしれと

本気ほんきくるしそうなのがおもしろくてみんなでわらった

 

いつもの威勢いせいのよさはりをひそめる

近道ちかみちをしたほうがいいとおもって山道やまみちえらんだ

それがつまり逆効果ぎゃくこうかだったのかもしれない

くのだけは勘弁かんべんしてほしい

そうしているあいだすこいてきてしずかになってきた

 

しばらく沈黙ちんもく時間じかんがある

くるまなかでは音楽おんがくはかかっていない

っぱらいがJ-POPのバンドサウンドをいやがった

あたまにガンガンするんだろう

 

べつ友達ともだち唐突とうとつ筋肉きんにくをつけたいとはなしだす

そのためには運動うんどう必要ひつようだと

おれ筋肉きんにくをつけるには燃焼ねんしょうさせる脂肪しぼう必要ひつようだとはな

そうなんだと友達ともだち感心かんしんしたように

そのための脂肪しぼうなら十分じゅうぶんあるんじゃないかとおれ茶化ちゃかすけどそんなにウケない

三者三様さんしゃさんようの4にん

 

いえいても元気げんきにならない

くるまりて道路どうろ寝転ねころんでしまった

本当ほんとうっぱらいだ

 

結局けっきょくみんなでかついでいえまでげた

面倒見めんどうみのいいヤツらがあつまっている

そのあいだにそのっぱらいからタバコを2ほんくすねておいた

これだけっていればバレないだろう

 

後日ごじつその友達ともだちにタバコのことを指摘してきされる

タバコの本数ほんすうだけはしっかりとおぼえていたらしい

おれがそうだとこたえると

「やるなあ」

その一言ひとことだった

note.mu

みんなで灰になろう

タバコにがなかなかつかない

何回なんかいもライターをカチカチやる

づくとタバコをぎゃくにくわえていてフィルターのほうにをつけようとしていた

 

ずかしい

 

くるままどからそのタバコをてる

一緒いっしょっている友達ともだちにはバレていないはず

サングラスをかけて動揺どうようかくしたい気持きも

 

もう夜中よなか

まちかりをポツポツとかんじるくらい

街灯がいとう所々ところどころ役目やくめたしている

 

タバコを一本いっぽんそんしたとおも

いろいろな後悔うかいむねうちかんじる

 

ひとのないみちおれ運転うんてんしている

くるまなかではCDがかかっている

れいによってJ-POP

三人さんにんうちだれ趣味しゅみだろう

おれはロック

ほか二人ふたりのことはわからない

カラオケでうたうとウケがイイからというようなことはっていた

その言葉ことば分断ぶんだんかんじる

2たい1でおれ一人ひとり

 

所詮しょせんはコミュニケーションの手段しゅだんだということ

きょくさなんかをかたるのは時代じだいおく

モテるかモテないか

ヤレるのかヤレないのか

 

それがすべ

 

洋風ようふうのレンガ調ちょう建物たてものそばとお

結婚けっこん式場しきじょうのチャペルで雑多ざった街中まちなかではいているようにえる

でもそれも一瞬いっしゅんですぐにれてなににならなくなる

その場所ばしょだれかがしきげるのかもしれない

そこに参加さんかするおれはわざとらしい笑顔えがおでパチパチと大袈裟おおげさ祝福しゅくふく拍手はくしゅをしている

そのくらいが想像そうぞうせきやま

 

タバコを一本いっぽんくわえる

今度こんどはしっかりと方向ほうこう確認かくにんした

カチンとライターの一回いっかいおとをつける

タバコのさきあかひかってけむりのぼ

 

まどそとかってけむり

ほか二人ふたりはタバコをわない

それでも迷惑めいわくそうなかおもしないし文句もんくなにわない

イイ友達ともだち

高校こうこうときからの友達ともだちでもう一人ひとり中学ちゅうがくから

 

まちかりがポツポツとまばらにひか

道路どうろ相変あいかわらずいていてたまに信号しんごうにかかるくらい

信号機しんごうき孤独こどくひか

あざやかなあお

 

くるまなかでは音楽おんがくながれている

 

ハイになろうぜ

 

ロックバンドがうたっている

おれはアクセルを

しずかなよるまちでは騒音そうおん無機質むきしつなままひびいている

note.mu