心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

鳴らない携帯

携帯けいたいるけど着信ちゃくしんはない

タメいきをつきたくなる

こうやってっているのは退屈たいくつきわみだ

もう何回なんかい着信ちゃくしん確認かくにんしている

またしばらくインターバルが必要ひつよう

なさけなくなってくる

どれだけ友達関係ともだちかんけい依存いぞんしているのかと

 

ふとおもってクラシックのCDをさが

めるための音楽おんがく

たし兄貴あにきいてったヤツがあったはず

突然とつぜん何故なぜ衝動的しょうどうてきおもした

普段ふだんクラシックはまったかないけどたまにいてみたくなるときがある

いまがまさにそう

とにかく気分きぶんわるかもしれない

 

しのなかあさるとケースがれた一枚いちまいのCDをつけた

白黒しろくろ写真しゃしんのジャケットでおおきなかわはしがかかっている

 

中身なかみしてプレイヤーにかける

CDの回転かいてんするおとこえる

ゆっくりときょくはじまるみたいになが助走じょそうがある

 

きょくはじまってすぐのだしのかんじでおだやかな気分きぶんになる

弦楽器げんがっき音色ねいろ身体からだにしみる

いたことがあるかもしれないししばらくいているとあるようながしてくる

なつかしいかんじにもだえる

さすがはクラシック

ただふるいというかんじはなくてアンティークのあじのある家具かぐながめているかん

すこしでもくことができるかもしれない

しばらくは携帯けいたい着信ちゃくしんにしないでみそうだ

 

じていているとはし風景ふうけいまぶたかぶ

かわおともなくながれてふね船頭せんどうがいる

ちかくの教会きょうかいかねおとひび

なにかの予感よかんげるように

そのうち太陽たいようしずみはじめる

夕日ゆうひがオレンジいろまる

そしてカラスがきはじめる

たがいをびあうように

そのこえはらなにかが

そしてそのなにかの予感よかん最悪さいあくの・・・

note.mu