心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

落下していく俺たち

ここはどこだろう

しんじられないほどとお場所ばしょてしまったような気分きぶん

まわりは砂漠さばくというほどイメージしたすなかぜながれるようなかんじじゃなくて、くさ所々ところどころえているような平坦へいたん砂漠さばく

360地平線ちへいせん見渡みわたせるような茫漠ぼうばく大地だいちひろがっている

 

到底とうてい一人ひとりでは攻略こうりゃくできそうになくて現地げんちのガイドにコーディネートをたのんだ

れいによって現地げんちひとはおおらかでひげがもじゃもじゃで使つかふるしたライフルをからだ一部いちぶみたいにかかえている

 

くるまはしっているとこのあたりは色々いろいろ野生動物やせいどうぶつることができる

べつにそれが目的もくてきではなかったけど計画けいかくりにった結果けっかがこのみちだった

ほかみちでは紛争地帯ふんそうちたいちかづくことになるし政治的せいじてき面倒めんどうけたかった

人間にんげんより野生動物やせいどうぶつほうがよっぽどマシだということ

それにこのシチュエーションは滅多めったにないチャンスでラッキーだともおもえる

 

しばらくはしっているけどまだ動物どうぶつには出会であわない

まわりを注意深ちゅういぶか見渡みわたしてみてもそれらしいものはえない

みちのようなものはなくて当然とうぜん舗装ほそうされているわけもないのでくるまおおきくねたりするしはしっているあいだはずっとれている

見渡みわたすかぎりの大地だいちでただたださきかってはしっているというかん

なに根拠こんきょはしっているのかとうたがいたくなるけどそれはかるひとにはかるかんみたいなものがあるんだろうとおも

ごうってはごうしたがえという箴言しんげんはあきらめムードで使つか言葉ことばかもしれない

 

かたむいてきた

夕日ゆうひがキレイだ

 

それはおどろくほどにキレイで夕日ゆうひというよりは太陽たいようちていくかん

まえひろがって墜落ついらくする爆撃機ばくげききのようにあかほのおげている

 

蜃気楼しんきろうれる

 

おれたちはげているのかもしれない

なにかにわれているような寂寞せきばく

半身はんみになってうしろを警戒けいかいするようにとおくを

ぎていくくるまわだち

視線しせんからえていく道程みちのり

まれわるものたち

太陽たいよう落下らっかしていく

note.mu