心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

ノルウェイ風の森

何度なんどいに

またいにるよ

わかれるたびにそう約束やくそくする

彼女かのじょ彼女かのじょなりの笑顔えがおうなず

その繊細せんさい仕草しぐさ感情かんじょうさぶる

彼女かのじょ姿すがた背中せなかかんじる

もう無理むりかもしれないとおも

ぼくにはえないという諦観ていかん

それでも時間じかんてばまたいにきたいとおも

いにかなければならないと切実せつじつかんじる

それを何回なんかいかえしてきた

 

今回こんかい様子ようすちが

彼女かのじょわったのかもしれないしそれはぼくほうなのかもしれない

たしかにあれから時間じかんぎていく一方いっぽう

 

ひさしぶりとかるめの挨拶あいさつわしてからいろいろはなしをする

最近さいきんはどうしているだとか音楽おんがく小説しょうせつはなしなど

たがいに、とく彼女かのじょほうからつづけにいてくる

 

会話かいわ内容ないようはかなり限定げんていされる

なにかのはなしのきっかけがどくになって彼女かのじょきずつけてしまう

みずうみったあつこおりがやがておとずれるはる息吹いぶきによってひびがはいってしまうように

それだけはけなくてはならない

彼女かのじょつよめの姿勢しせいがそれを無意識むいしき要求ようきゅうしてくる

からだまわりにバリアをっているような

 

しばらく一人ひとりになりたいと

すこはなつかれたのかもしれない

ぼくはそのあいだそとかる散歩さんぽをする

 

みどりおお場所ばしょ風光明媚ふうこうめいび

都会とかいからははなれた場所ばしょ電車でんしゃいでやって

彼女かのじょ毎日まいにちっている空気くうきぼくっているとおも

おおきく深呼吸しんこきゅうしてそら見上みあげる

彼女かのじょそら見上みあげるだろうか

おなそら見上みあげているのだとってもいてもらえないだろう

そんなセリフではりないんだとおも

 

うしろをかえると建物たてものまどから彼女かのじょっている

ぼくかえ

ロミオとジュリエットのワンシーンのような

すこあしになりながら部屋へやもど

 

あれから時間じかんぎる一方いっぽう

そろそろ変化へんか必要ひつようなのかもしれない

一種いっしゅ覚悟かくごのようなものが

そしてぼく彼女かのじょきしめるべきだろうか

note.mu