心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

忘れかけの忍者

病院びょういんあるいている

院内いんないはある程度ていどしず

患者かんじゃこえこえるけどそれは名前なまえじゃなくて番号ばんごう数字すうじ

個人情報こじんじょうほうには敏感びんかん病院びょういん

 

フロアないにはあか絨毯じゅうたんかれている

感覚かんかくやわらかさはなくてうすいものなのがわかる

 

相変あいかわらずいつもひとおおくてどこからともなくかすかにオルゴールの音楽おんがくこえる

れいによって人畜無害じんちくむがい無色透明むしょくとうめいなメロディー

病院びょういんだからタメいきをついてもいいだろうとおも

よくかんがえたら意味いみとおらない論理ろんり

タメいき病気びょうきではない

 

ポケットにれてがちにあるいていると目線めせんさきに100円玉えんだまちていた

これはとおもってひろおうかどうかまよ

これだけまわりにひとがいればひろいにくい

年寄としよりばかりの空間くうかん

何故なぜだかわびしい気持きもちになってくる

 

それでもかまわずひろうことにめる

おれひろわなくてもだれかがひろうだろう

たった100えんのこと

 

できるだけまわりにさとられないようにしたい

スピードをとして足音あしおとをひそめるようにしてある

気持きもちをかせて歩幅ほはばわせる

まらずにながれのなかでかがみながらうでばして指先ゆびさきつか

ここで一気いっきまわりの視線しせんになる

からだすこしこわばっているような緊張感きんちょうかんがある

 

かまわないおれおれ

 

素早すばや自然しぜん体勢たいせいもど

それで何事なにごともなかったようにまえある

うしろはけっしてかえらない

 

かどがって直線ちょくせん視界しかいからえる

しばらくはあるつづける

これはまさにあんずるよりむがやすしというかんじだった

ドキドキするようなことじゃない

たかが100円玉えんだまひとつだ

そこでひとつの達成感たっせいかんおれ一気いっきめた気持きもちになる

 

結局けっきょくこれをてることにめてゆびうえで100円玉えんだまはじいてばして天井てんじょういている忍者にんじゃにくれてやった

note.mu