心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

誰かの卒業式

graduation

アルファベットの文字もじなら

校門こうもんにアーチのようにかざられている

手作てづくかんがあってだれつくったのかはらない

わたしはそれを高々たかだか見上みあげる

 

卒業そつぎょう

 

まるでここが頂上ちょうじょうだとわんばかりの仰々ぎょうぎょうしさ

盛大せいだいむかえて盛大せいだいそうというかん

この校門こうもんをくぐるのも今日きょう最後さいごかもしれない

そうおもうとこのラインにはっきりとした境界線きょうかいせんめいたものをかんじる

一歩いっぽあしれると別世界べつせかい

学校がっこうとは一種いっしゅのおとぎのくにのような場所ばしょなのかもしれない

 

下駄箱げたばこくつえる

たぶんこれも今日きょう最後さいご

かえりには上履うわばきをわすれないようにってかえらないといけない

そのとき何故なぜ式年遷宮しきねんせんぐうのイメージがかぶ

キレイさっぱりすすはら

 

もうわたしたちの時代じだいわったんだ

 

教室きょうしつのドアをけるとなかにはある程度ていど人数にんずうそろっている

いつものようにおはようとかる挨拶あいさつわす

ソワソワした雰囲気ふんいき

まるでいつもとおなあさえんじているかのような違和感いわかん

たがいがおたがいの顔色かおいろうかがっているような緊張感きんちょうかん

卒業そつぎょうというキーワードがはばかられるような

みんなが甲高かんだかこえ笑顔えがお他愛たあいもない会話かいわをしている

わたしはその空気くうきえかねてトイレに避難ひなんする

 

水道すいどうみずをゴシゴシあら

ポケットからハンカチをして丁寧ていねい

かがみ自分じぶんかおうつ

右目みぎめすこ充血じゅうけつしているようにあか

 

まさか

 

いているようにえはしないだろうか

 

このわたし

 

みんなにられたくない

こんなやすっぽい感情かんじょうなみだながしたとおもわれたくない

卒業そつぎょうという大袈裟おおげさ言葉ことばまどわされているだけだ

昨日きのうとはちがう、今日きょうとはちが日々ひびがやってくるというだけのこと

ただそれだけのこと

 

かがみつめる

わたしかない

後悔うかいしないように

graduationのもんをくぐるまでは

 

「さよなら」

 

わたしこえにはさずにくちびるうごきだけでそうつぶやきながら充血じゅうけつした右目みぎめじてウインクしてみせる

note.mu