心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

モンキチョウ

シェードをげてベランダにるドアをける

空気くうき一緒いっしょにカーテンがってくるまのクラクションやはしおとおおきくこえてくる

それがうるさいというよりは静寂せいじゃくをやわらげてくれてるかんじがしてたすかる

なかなか整理せいりできない気持きもちがあった

いろいろあったとおも

いまとなっては

 

手紙てがみいてくれた

つたな文章ぶんしょうでもありがたい

最後さいご素直すなおになれたようながする

正直しょうじきうとかたりた

文字通もじどおりに一歩先いっぽさきかれたとおも

とりあとにごさずというかんじで

アカデミーしょう受賞じゅしょうした舞台ぶたい女優じょゆううみたいに賞賛しょうさんしたい気持きも

ありがとう

それ以外いがいなにえるだろう

 

おもせることはやまほどある

でもいまはやめておこうとおも

 

ベランダのドアをめると一気いっき沈黙ちんもくりてくる

しばらく部屋へやなかながめていろいろなものにれる

なにかの儀式ぎしきみたいに両手りょうてかさねてむねてる

いきふかむと空気くうきかわいたにおいがする

季節きせつはちょうどあきわるころ

 

何処どこかからピアノのおとこえる

だれかが練習れんしゅうしているのかもしれない

私達わたしたちおさなころのように

ぎこちなさとあどけなさにすこ微笑ほほえ

頑張がんばれとちいさくつぶやくと決心けっしんしたように玄関げんかんかう

長居ながい無用むよう

 

むねなかおだやかな勇気ゆうきかんじる

ここからなにかがわってすすんでいくような予感よかん

 

蝶々ちょうちょそら

黄色きいろいカワイイものをはこぶみたいに

ちいさなはねをヒラヒラとばたかせている

ヒラヒラとすす蝶道ちょうどう私達わたしたちおさなうし姿すがたうつ

目一杯めいっぱいひろげていかけるその姿すがたわたし記憶きおくしていく

note.mu