心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

俺vsバス

よるにサングラスをかけるのはおかしいと

べつにカッコつけているわけじゃない

おれおれいしれたいだけだ

まわりがおかしいとえばそれは成功せいこう

それをわれてよろこんだおれはアクセルをんだ

ただそこがながのぼざかだったというだけで

 

うしろからバスがいかけてくる

バスにてられるなんてなんてボロイくるま

これだけの坂道さかみちだとエンジンが回転かいてんするたびに罪悪感ざいあくかん

ガソリンを余計よけい消費しょうひしているかん

ガソリンがたかくなったのはいつからだろう

むかし大体だいたい90円台えんだいだった

いまはそのばいくらいなのか

戦争せんそうのせいなのか

むかしがおかしかったのか

どっちにしろおれはこの現在げんざい戦争せんそうたなければならない

このてられた状況じょうきょう

 

うしろのバスにまえかせるわけにはいかない

カーブのときにはな

バスはカーブのまえかならずブレーキをんで減速げんそくするだろう

それにたいする乗用車じょうようしゃつよ

直線ちょくせんではがない

馬力ばりきちが

 

おおきめのヘッドライトがうしろからプレッシャーをかける

そろそろこのレースもわりだ

おれつぎ交差点こうさてん左折させつする

ウインカーを

さよならの合図あいず

健闘けんとうたた敬意けいいひょう

おれちはるがない

なによりおれ自信じしん満足まんぞくしている

 

バスも左折させつしてくる

 

なんと!?

 

げはゆるされない

まだまだ勝負しょうぶはこれからだと

よるはじまったばかりだというわけ

 

ヘッドライトがうしろからはげしくあおる

その心意気こころいきこたえよう

おれ圧倒的あっとうてきなテクニックをせてやる

そのためにおれはまたアクセルをつよんだ

note.mu