心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

ガソリンスタンドのクソ女

ガラガラのガソリンスタンドに

夜中よなかだからきゃくがいないということだろうか

 

エンジンをるとカーオーディオがまって一気いっきしずかになる

くるまからりると虫捕むしとよう蛍光灯けいこうとうのバチバチというおとがする

きもせずにちいさなむし蛍光灯けいこうとうにぶつかりつづけている

 

一応いちおうガソリンの値段ねだん看板かんばん確認かくにんする

リッター140えんくらい

いつもよりはすこたかいのかもしれない

どのタイミングでやすくなるのかたかくなるのか相変あいかわらずわかっていない

だれがどういうロジックで値段ねだんめているのかとかそういう仕組しくみ自体じたい全然ぜんぜんらない

そんなものは自分じぶんには関係かんけいないにまっている

どこかであたまのいいひとがクルクルこねくりまわしているんだろう

 

はじめてるガソリンスタンドでパネルの操作そうさ仕方しかたにちょっと戸惑とまど

機械きかいにはつよほうだけど

それでも手順てじゅんめばなるほどねというかんじでスムーズにすすめる

そのスマートさにかんしては追随ついずいゆるさない

 

レジにってかねはら

いらっしゃいませのこえなに

まるでおれほう場違ばちがいだとでもいうような空気くうき

 

店員てんいんがクスクスわらっているようながする

なに?」とくとおどろいたようなかおをする

わかおんな茶髪ちゃぱつのクルクルしたかん

おれれているのかもしれない

そうおもうくらいには夢中むちゅうになれそうなおんな

それかいかもしれない

いのいとか

こっちのほうからはなにらない

 

結局けっきょくそれ以上いじょうなにもなくて会計かいけいませるとそとくるま

エンジンをかけると同時どうじ音楽おんがくながれる

ロックバンドがおだやかにメロディーをかなでる

 

もう一度いちどになっておんなほうるともう一人ひとりおとこ店員てんいんとこっちを本格的ほんかくてきわらっている

ブサイクなモジャモジャあたまおとこ

ここでかえしてなぐってやるともっとわらえるんじゃないか

こっちだってうでおぼえがないわけじゃない

そうおもって相手あいてにら

実際じっさいそうできたらどんなに素晴すばらしいだろう

だけどそこまでキレていないしなにかんがえていないわけじゃないのがおれ

こっちだってわらってやればいいじゃないか

 

それでもうしがみかれるような後悔うかいめいたものがつづ

ハンドルをにぎちからはいっている

おれはイライラしはじめているのかもしれない

結局けっきょくはしりだしても我慢がまんできずに道路どうろてもやったことはせいぜいえなくなるまでそのおんなにらんでやるぐらいのこと

note.mu