心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

憧れのゴーストタウン

もう随分ずいぶんながあいだはしっているがする

これからどうすればいいかわからないかん

出口でぐちがあればきたいけどそもそも入口いりぐちがあったのかどうかもわからない

 

くるまなかではCDはかけっぱな

もう音楽おんがくみみはいってなくてすたれた背景はいけい一部いちぶになっている

助手席じょしゅせきすわっている友達ともだちてしまった

もうがたちかくでそらあかるくなりはじめるけどあめりそうで朝日あさひ期待きたい出来できそうにない

 

惰性的だせいてきにタバコにばす

もういたいのかどうかはわからなくてなんとなくのタイミングでをつける

まどすこしだけけていて自然しぜんれたようにそこにかってけむり

おもいタメいきのようにしろけむりれる

 

くるまとおりはほとんどなくてノロノロとはしっているとゴーストタウンを想像そうぞうする

荒廃こうはいした街並まちな

もしかしたらおれはそっちのほうがうれしいかもしれない

 

CDをまったいていないこと気付きづいてべつのCDにえる

むかし日本にほん人気にんきがあったハードロックの洋楽ようがくえら

ホームタウンのアメリカでは人気にんきがなくて日本にほんでは人気にんきたのでよく日本にほんていたイメージだ

ノスタルジーというかんじはなくていまよりはむかしほうがマシだったというくらい

すくなくともこの状況じょうきょうよりは

 

はげしいサウンドが車内しゃないひび

それでも友達ともだちたままでいる

べつこそうとしているわけじゃないからそれでもいいけど

 

年寄としよりがいたらただうるさいだけといそうな音楽おんがく

あからさまな嫌悪感けんおかんかおをしかめてシワシワな表情ひょうじょう

ジェネレーションギャップ

その対立構造たいりつこうぞうすらすでにふる教科書的きょうかしょてきなものだろう

とっくに時代遅じだいおく

 

ここで気分きぶんえようと何故なぜかガソリンスタンドの洗車機せんしゃきためすことにした

はしっていたらたまたまはいったからだとおも

 

一番いちばんやすい300えんのコースをえら

ただ水洗みずあらいだけの簡易かんいなやつ

サイドミラーをたたんでくださいという音声おんせいながれる

機械きかいみたいなおんなこえ

こえかんからしてたぶん美人びじんだとおも

 

洗車機せんしゃきせまってくる

はげしい水流すいりゅうでガラスをたた

豪雨ごううなか往生おうじょうしているようなかん

うえよこからモップがてクルクル回転かいてんする

くるまうごいているのか洗車機せんしゃきうごいているのかわからないへんかんじがする

くるまごとエスカレーターではこばれているような違和感いわかん

あしがついていないかん

それは錯覚さっかくだと指摘してきするのはつまらないヤツだとおも

 

ドライヤーで水分すいぶんばしてすべてがわっても助手席じょしゅせき友達ともだちたままでいる

くるま外側そとがわはキレイになったけどなかはどんよりしたままだ

タバコのにおいまではキレイにならない

 

もうそろそろあかるくなって交通量こうつうりょうえてくる

いろいろとざわつきはじめる

おれ精神状態せいしんじょうたいとか

それだけはけたいとおもうしもうこれ以上いじょうイデアかばないのでこのままさっさとかえろうとおも

note.mu