心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

9回2アウトからの

くるまダッシュボードにかる

天気てんきになるのかフロントガラスしに上目うわめがちでつめる

夕方ゆうがたからあめるとつらい

これからどうするという気分きぶんがらないしかえろうかの一言ひとことこわ

たがいそれをかんじているかもしれない

それもしょうがないになってくる

此処ここから何処どこかへくところがあるのか

そうかんがえると不可能ふかのうがする

 

一発逆転いっぱつぎゃくてん雰囲気ふんいき

この二人ふたりでは限界げんかい

 

9かい2アウトでランナーなし

ホームランが一本いっぽんれば同点どうてん

とりあえず延長戦えんちょうせんにはめる

きゃくなかにはもうかえはじめているひともいる

あきらめてしまう気持きもちは否定ひていできない

 

それにこのままあてもなくはしつづけるわけにもいかない

たぶんそうだとおも

のこされたアイデアは?

ここからの選択肢せんたくしは?

球場きゅうじょうはブルーにまっている

そしてまたぼくたちのこころ

 

ワイパーの規律的きりつてきなリズムがつづ

雨粒あまつぶなくガラスに

くるまなかでは無造作むぞうさ音楽おんがくながれている

れいによってJ-POP

ロックバンドのあついメッセージソングはもうなみだながすのはやめようというもの

 

あきらめれない熱狂的ねっきょうてきファンの歓声かんせいひび

ここで相手あいて守備しゅび一瞬いっしゅんのほころびがてエラーで出塁しゅつるい

球場きゅうじょう独特どくとく雰囲気ふんいきまれたか

 

9かい2アウトランナー1るい

 

おもってそれとなくCDをえる

 

下位打線かいだせんまわってきたところ代打だいだおくるみたいに

 

その動作どうさがひとつの合図あいずになる

 

ベンチからのサインはファーストストライクから積極的せっきょくてき

 

どうにかして気分きぶんえたいという

 

どうにかしてながれをえたいという

 

その可能性かのうせいかぎりなくうすいのだけれど

note.mu