心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

にらめっこしましょう

よるまちある

街中よなかでもしずかな雰囲気ふんいきがある

とてもひさしぶりでなつかしいかん

空気くうきよるにおいがする

 

交差点こうさてん横断おうだん歩道ほどうわた

意味いみもなく若者わかものたちが点在てんざいしている

スケボーをかかえてそれらしいファッションをした少年しょうねんたちが

してわるそうなやからにはえない

俺自身おれじしん警戒心けいかいしんよりは何故なぜ親近感しんきんかんおぼえる

おれよりも何歳なんさい年下とししただろうかとかんがえてみる

 

その距離きょりいたあいだみちあるいて

みんなおなじようなものかもしれないともおも

さみしさの裏返うらがえしということだろうか

さっきみんなとはわかれた

そのいているのかもしれない

わったものにドギマギする

一番いちばんわったのはおれわっていないことがわっていく時間じかんなか孤立こりつしていく

 

写真しゃしんったりしたけど笑顔えがお不自然ふしぜんなのはかっている

どうせもうることはないとおもって適当てきとうながした

 

かえみちいている

コンビニの看板かんばんのネオンが派手はでひか

途中とちゅうにある古本屋ふるほんやろうとおもったけどもう閉店へいてんしていた

ポケットから携帯けいたいして時計とけい確認かくにんするとまだ二十時にじゅうじぎだった

閉店へいてんするにはまだはやすぎるんじゃないか

 

すこ未練みれんがあったけどあきらめてもうぐにかえることにした

電車でんしゃるために地下ちかへの階段かいだんくだ

 

ちょうどのタイミングでつことなく電車でんしゃ

電車でんしゃなかせきいていた

それでもおれすわらずにったままそとながめた

ながれていく風景ふうけいかりがすくなくなっていく

 

えきぎるごとに乗客じょうきゃくすくなくなっていく

透明とうめいなドアに反射はんしゃする自分じぶんかおわせる

どんどん乗客じょうきゃくっておれ一人ひとりになったときもそれはわらない

もうわったという安心感あんしんかんがあるしすこ口角こうかくげてわらったようにせたりしておたがあそんでいた

note.mu