心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

沈む夕日がアレルギー

今日きょうったばかりのタバコを1いっぽんった

そしてのこりの19ほんはゴミばこてた

一緒いっしょったライターもついでにほうんだ

 

「もうなにうことないからこれでわり」

「ああ」

「タバコやめたんじゃなかったの」

「もらったんだ」

 

すこしひっそりとした雰囲気ふんいきかんじる

あまりきじゃないかもしれない

 

いまかえみちあるいている

すれちがひとたちがなにかをはなしているけどそれをけるようにはなれながらすりけていく

 

まだまだながみちのりですこ休憩きゅうけいしたくなる

タバコをてたのを後悔うかいはじめた

 

太陽たいようしず瞬間しゅんかんたいとおもって西にしほうそら

それは中空ちゅうくうただよいシャッターがゆっくりとまるようにちていく

そらはオレンジいろくもはピンクにまる

 

すこはなかゆくなってきたがする

季節きせつわりはじめたのかもしれない

何回なんかいかクシャミをしてはなをすする

ティッシュをポケットに入れてなかったのを後悔うかいした

まださむくなってきたわけじゃない

とにかくはななかみずあらいたいとおも

 

我慢がまんできずにちかくのコンビニのトイレにはい

かがみ自分じぶんかおうつしてしばらくにら

すこあかくなっているようにえる

ひさしぶりに自分じぶんかおをこんなにまじまじとつめたとおも

不思議ふしぎ他人たにんかおているような違和感いわかんすこしある

こんなかおをしてたんだっけ

 

水道すいどうみずでうがいをしてかおあら

はなからみずいきおいよく

そのあとをこすりまくりみずでバシャバシャやったりした結果けっかこのくるしみからはのがれられない

note.mu