心の清涼剤

胸の辺りがスーッとする読後感

タイムリミット

よくわからないけどみちなりにはしってきた

なんとなくとおくにきたい気分きぶんだった

免許めんきょったばかりでがはやっていたのが本当ほんとう

助手席じょしゅせきには友達ともだちっている

深夜しんやのバイトけでわるいとはおもったけどってもらった

 

くるまなかでは流行りゅうこうのJ-POPがかかっている

友達ともだち洋楽ようがくのCDをかけたいとうけどそれだけはゆずれない

洋楽ようがくけつけない

れているJ-POPのほういにまってる

 

カッコつけるのはやめたほうがいい

 

街中まちなかけて田舎いなかほうかっている

くるまおおくなくてみちおだやかなので運転うんてんたのしめる

そらはしっかりとれている

まだ午前中ごぜんちゅうのこの時間じかんなので朝露あさつゆれたようなんだ空気くうき心地ここち

目的もくてきもなく下調したしらべもしていないのでまわりを見渡みわたしながら面白おもしろそうなものがないかとさが

 

友達ともだちとくねむそうな様子ようすもなくてシートにふかすわんでいるかん

元々もともとおとなしい性格せいかく

小学校しょうがっこうからのながいだからわかっている

たがをつかいうようなまずさはないはず

 

道路どうろ標識ひょうしき確認かくにんしながらなんとなく右折うせつしたり左折させつしたりしている

その途中とちゅうおおきなダムがある

面白おもしろそうとおもって

ほかているくるまもいてちょっとした観光かんこうスポットなのかもしれない

田舎いなかならでは

 

ダムのした見下みおろせるさくってある場所ばしょひとあつまっている

そこにおれらも近付ちかづいておなじようにした見下みおろす

それは壮大そうだいもの大量たいりょうみず一気いっき放出ほうしゅつされている

みず助走じょそうをつけておおきくジャンプしているようなイメージ

そのまわりをかこむコンクリート構造物こうぞうぶつもスゴイ

どういう手順てじゅんつくったんだろうというおどろきがある

技術ぎじゅつ蓄積ちくせきまった奇跡きせき

 

友達ともだち一言ひとことはなさない

その青白あおじろいポーカーフェイスでなにかんがえているのか

ながめの前髪まえがみかぜれている

れよとおも

 

キモイ

 

そこまでおもうとかわいそうかもしれない

 

にじがかかってる」

 

ん?

 

友達ともだちゆび方向ほうこうしめしている

 

「そう・・・」

 

おれ反応はんのうややか

だからどうしたというかんじで自分じぶんでもおどろくくらいつめたいとおも

たしかににじがかかっている

みず放出口ほうしゅつぐち付近ふきん

キレイとはわない

たりまえ

 

それこそキ・モ・イ

 

もう十分じゅうぶんだとおもってくるまかう

友達ともだちもそれにつづ

おれはタメいきをつく

これからどこにくのかをかんがえないといけない

 

くるまもどってエンジンをかけると音楽おんがくながれる

 

「タイムリミット」

 

え?

 

「このきょくのタイトル」と友達ともだち

 

おれ何故なぜきょをつかれたようなかん

 

「イイきょくじゃん」と友達ともだち

 

おれもそうおも

note.mu